0427イベントサイト画像 (2560 × 1440 px) (3).png

ポストコロナ時代に向けて、企業・従業員・自治体がそれぞれ連携をしていく必要性が高まっています。
本ウェビナーでは、テレワーク先進都市である富士市にある「ワークス富士」様ご協力のもと、各分野の専門家が集まり未来型フレキシブルワークやウェルビーイング経営について事例を交えながらのトークセッションを開催します。

人的資本経営が進む中で「優秀な人材の確保と定着」は大きな経営課題として存在していますが、
従業員に対して「働き方の指針」を透明性高く公表している企業はまだそれほど多く存在しておりません。

これからの働き方がハイブリッドワークへとシフトしていく中で、「サードプレイスの活用」「ワーケーション」

「メタバース」が注目トレンドとなっています。これら「場所の制約」からの解放が進めていくことによって、

ウェルビーイング経営や企業の競合優位性にどのように影響を与えていくのか、どう活かしていくのかを捉えていくことが

とても重要です。
 

【概 要】 

2022年4月27日(水)14時~16時
 

【開催場所】
Zoomでのオンライン × 現地開催
現地:ワークス富士(https://joinx.net/worx/recipe/fuji/)
〒417-0033 静岡県富士市島田町1丁目50
富士駅から車で10分

【内 容】
1. はじまりのご挨拶
2. テレワーク先進都市 富士市様、ワークス富士様(会場)のご紹介
3. スピーカーご紹介
3. 各スピーカーによる事例紹介

4. パネルトーク(企業と従業員の在り方やウェルビーイング)
5. おわりのご挨拶 

 

【こんな方におススメです】
・ポストコロナの企業経営について知りたい経営層の皆様
・管理部門で「ポストコロナ時代の働き方」の指針を決定される・作成する責任者またはご担当者の皆様
・ワーケーションの取り組みを進めたい自治体や地元企業の皆様、または制度を導入したい企業の皆様
・ワークスタイルや働く場所を考えておられる個人の皆様

登壇者プロフィール

岡田さん.png

ファシリテーター
岡田 大士郎


㈱エクステンシブル 特別顧問

一般社団法人デジタル田園都市国家構想応援団 専務理事
株式会社HLD Lab 代表取締役

米国Square Enix, Incの社長(COO)として米国事業に携わった後「組織風土並びに働き方改革」をミッションとして総務部長に就任。2019年1月に株式会社HLD Labを創業。並行して、一般社団法人日本ライフシフト協会理事など、様々な社会活動に取り組んでいる。2021年に株式会社エクステンシブルの特別顧問に就任。

リアル-デジタルのハイブリッド型での次世代ワークプレイスの構築を推進していく。

画像8.jpg

ファシリテーター
豊福 康友


㈱エクステンシブル 代表取締役

2005年に博報堂に新卒入社。
大手通信キャリア、自動車、トイレタリー
企業のマーケティング戦略立案&実行。
12年から上海駐在し、現地拠点副社長就任。
東京本社の部長を経て、19年よりマザーズ
上場のKudan(株)事業開発執行役員、21年に株式会社エクステンシブルの代表に就任。

263352388_3051112938470880_1616753865195639270_n.jpg

㈱エクステンシブル

​CSユニット リーダー

​井元 崇文

人材業界で企業の組織課題・採用課題と向き合った後に、実際に企業の総務人事として採用~研修、働き方DXを推進。2021年に株式会社エクステンシブルにジョイン。CS責任者として活躍。

金さん.png

一般社団法人FOSC 副代表理事

Hi&Co代表

金 英範

「総務から社員を元気に、会社を元気に!」がモットー。25年以上にわたり様々な企業にて総務・ファシリティマネジメントを経験。2019 年4 月より、Workwell Technologies, Inc. カントリーマネジャーに就任。その後、株式会社Hite&Co.を立ち上げ総務の日常悩み解決から企業内改革プロジェクト立上げなど幅広くサポートしている。

画像4.jpg

株式会社スカラパートナーズ

共創事業部長

村松 知幸

大学卒業後、ハウス食品グループでグローバル人事セクションを立ち上げ、経営企画、M&Aマネージャーを経て、製薬会社の海外事業開発Director、戦略コンサルティングファームの取締役を経験。
現在は現職のほか、(株)協働日本 代表取締役社長、一般社団法人熱会 代表理事、至善館大学院 評議員、(株)Funleash COO兼事業開発責任者を務める等、複数の企業の経営、事業開発に携わるパラレルキャリアを実践している。人の活性化と地域の活性化がミッション。

画像6.jpg

富士市産業交流部産業政策課
CNF・産業戦略担当 主査 

松葉 剛哲

民間企業から転職して、市役所に入庁して以来、福祉関連に12年間従事。その中で社会になじめない様々な方を支援しつつ、従来の働き方ではない「ユニバーサル就労」を展開。富士市として令和元年度に内閣府特命担当大臣表彰優良賞を受賞。現在はその経験を活かし、富士市内にテレワークを広める様々な施策に携わっている。

本イベントは終了いたしました。